最近はお肉の希少部位ブームです。

最近、スーパーとかで、
見慣れない名称の牛肉が並んでますよね。
ミスジ
イチボ
トモサンカク
・・・
(詳細はこちら:肉 通販)

これらは希少部位と呼ばれ、
一頭の牛から僅かしか取れません。

そして、特徴があり、
柔らかい、脂がのっているなどが
あります。

お値段は高めですが、
従来の高級肉(ロース、ヒレ)よりは
お安く流通しています。

そして最近では熟成肉も評判になっていて
選ぶのが大変なくらいです。

一昔に比べて、
霜降り肉、赤身肉、熟成肉、希少部位・・・
肉の世界も進化しています。

料理法も単なるステーキでも
焼き方、カット方法で味が変わります。

この奥深い肉料理の世界をご堪能下さい。

究極の希少部位 シンシン

シンタマは牛肉の希少部位として知られています。

内モモの下にある球状の塊でシンシンという
中心の部分と外側にわけられます。

外側はやや硬く、筋がありますが、
シンシンにはきめ細かく、
味が濃くなっています。

色んな料理に幅広く使われています。

Just another WordPress site